新着記事

MacのFinderで不可視ファイル・フォルダを表示する方法【Tips】

HowTo

今回はMacのFinderで、不可視ファイル・フォルダの表示・非表示の切替方法をご紹介します。

Macにおいてはファイル名の先頭にドット(.)がついていると不可視ファイルとして扱われ、通常では表示されていません。

bashの設定ファイルである「.bashrc」やvimの設定ファイルである「.vimrc」などがその例です。

そういったファイル・フォルダにアクセス・編集したい際に今回紹介するコマンドは便利になります。

スポンサーリンク

不可視アイテムの表示・非表示切り替え

不可視アイテムの表示・非表示切り替えのコマンドは次の通り

  • command + shift + .(ドット)

上記コマンドで簡単に表示・非表示の切り替えが可能です。

下記の画面で「command + shift + .」を押してみます。

隠れていたファイル・フォルダが表示されました。

おわりに

昔は不可視アイテムの表示切り替えは面倒でしたが、最近になってこのコマンドが使えるようになったので、大変便利です。

忘れていた・知らなかった方々への参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

follow